STAR TREK」カテゴリーアーカイブ

サントラ 『Star Trek: The Next Generation: The Ron Jones Project』

TNGサントラのうち、ロン・ジョーンズ作曲のものを完全収録したCD14枚組!
Screen Archives Entertainment で購入すると送料込みで 175.95ドル。
発売は9月末で、予約でのみ注文を受け付けています。

12/12追記: まだ上記サイトで取り扱っていますね。売れ残っているのかな?(笑)

【完全限定生産】スター・トレック ネクストジェネレーション(87-99) ( Star Trek: The Next Generation: The Ron Jones Project (1987-1999)) – (Amazon.co.jp)
アマゾンでも買えるようですが、ちょいと高いですね…

カテゴリー: STAR TREK, 映画・テレビ, 音楽 | 1件のコメント

CDまた増えた…

image
Short Circuit – O.S.T. / David Shire
Star Trek – O.S.T. The Deluxe Edition / Michael Giacchino

image
Ommadawn (Deluxe Edition) / Mike Oldfield
Hergest Ridge (Deluxe Edition) / Mike Oldfield

image
Sherlock Holmes – O.S.T. / Hans Zimmer
Private Life of Sherlock Holmes (Ltd Ed) / Miklos Rozsa

カテゴリー: STAR TREK, 映画・テレビ, 音楽 | タグ: | コメントする

ST3完全盤 到着

image
今日届いたCD。
『Star Trek III』完全盤/James Horner
『L’affaire Wallraff』/Tangerine Dream
『Animals in Love』/Philip Glass
全部サントラです。
o(^-^)o
追記:
Tangerine Dream の CD、音ブチブチとんでる…(ToT)
何これ?
問い合わせに返品か…
英語書くの久しぶりだし、めんどくさいなぁ~

カテゴリー: STAR TREK, 映画・テレビ, 音楽 | タグ: , | コメントする

スタトレフィギュアα

 しばらく更新をサボっていました。 色々ネタはあるんですが、なんだか気分が乗らないんですよね。 ちょっと鬱気味です。 マーヴィン に取り憑かれたか…(笑)
 さて、先日 スタートレックフィギュア (食玩)の新作が発売されたので、のこのこと秋葉原まで買いに出かけました。 このフィギュア、αタイプとβタイプがあり、東日本ではαタイプが先行して発売されているのです。 お店によってはα、βともに扱っているようですが、残念ながらβを売っている所を発見できず、αのみの入手となりました。
 情報では、1ボックス(6個)を買えば全5種類が揃う確率が高いとのことなので、その通り1ボックスを購入。 無事に1種(グリソム)のだぶりでαの5種類を揃えることができました。
alpha
αの5種。(クリックで大きくなります)
スポック、ぼけてしまった…
spock
スポック接写。ちょっと怖いが合格点か…
excelsior
第2弾のエンプラBとエクセルシオの大きさを比較。
約半分になって、多少の物足りなさが残る。
 あんまりすんなり揃ってしまったので、少し拍子抜けした感じもしないではないデスね(^^;
トレードは盛り上がらないだろうなあ…

anthony ところで、先日記事にした アンソニー・モンゴメリーのCD ですが、届いています。 サンプルを聴いたときは「4曲とも同じに聞こえる」などと失礼な事を書いてしまいましたが、フルで聴くとそんなことありませんでした。 ラップの歌詞も全てライナーに印刷されているので、意味が掴めます。 ヒアリングの出来ないワタシには、実にありがたい気配りでした。
 えー、スタートレックがらみでもう少し書きたかったんですが、そろそろ寝ないとやばい時間になってきました。
 今日はとりあえず、こんなところで…

カテゴリー: STAR TREK, 映画・テレビ, 音楽 | 2件のコメント

ENT トラヴィス役 アンソニー・モンゴメリーのCD

 U.S.S. Kyushu 経由の情報ですが、エンタープライズでトラヴィス・メイウェザーを演じる アンソニー・モンゴメリー が自作の楽曲を収録したCDをリリースしました。
 What You Know About… / Anthony Montgomery
 上記サイトで、試聴、購入ができます。 4曲収録のシングル(或いは ミニ・アルバム)で、全曲ラップものですね。 (英語力がないので、どれも同じに聞こえてしまいます…)
 日本からの購入には PayPal のアカウントが必要で、1枚注文したところ CD 12ドル、送料 5ドルの計17ドルでした。
 ところで、このアンソニー・モンゴメリーのお祖父さんって、有名なミュージシャンだったんですね。 ジャズ・ギタリストの ウェス・モンゴメリー です。 聴いたことはないのですが、こっちのウェスを検索してるとよく引っ掛かるんで、名前だけは知っていました。(^^;

カテゴリー: STAR TREK, 映画・テレビ, 音楽 | コメントする

アカペラ版TOSのテーマ

 「ハモねぷ」でブームになり、今は多少、熱が冷めかけている感もあるアカペラ。 そのアカペラの老舗ともいえるグループ スウィングル・シンガーズ がスタートレックのテーマを手がけているのを発見。
 ◆Notability / Swingle Singers
 このアルバムの冒頭です。 サンプルもありますが、これからという所でフェイドアウトしてしまいます.。 (ToT) 続きを聴きたい方は手に入れるしかありませんョ!
 ところで、彼らのアルバムで有名なのは “Screen Tested” でしょうか。 数々の映画音楽をアカペラで歌唱したもので、『ツァラトゥストラはかく語りき』、『ミッション・インポッシブル』、『スター・ウォーズ』などを取り上げています。
 ◆Screen Tested / Swingle Singers
  (日本盤 → Amazon.co.jp
 ワタシも最初はこれで スウィングル・シンガーズを知り、「この調子でスタートレックを…」などと内心思っていたのですが、実は “Notability” は “Screen Tested” より前のアルバム。 既に実現していたという訳です。

カテゴリー: STAR TREK, 映画・テレビ, 音楽 | コメントする

早くも、2006年カレンダーが…

 別件でアマゾンを検索していたら、早くも来年のスタートレック・カレンダーがリストに載っているのを発見。 今年と同じく、TOSENTShips of the Line日めくり の4種類がラインナップされています。 商品イメージも表側だけ。 裏面も掲載されると、12ヶ月分の画像が分かるんですが、まだのようです。

Star Trek The Original Series 2006 Calendar (WALL CALENDAR)
Andrews McMeel Publishing (2005/07/05)
近日発売 予約可
Star Trek Enterprise 2006 Calendar (WALL CALENDAR)
Andrews McMeel Publishing (2005/07/05)
近日発売 予約可
Star Trek Ships Of The Line 2006 Calendar (WALL CALENDAR)
Andrews McMeel Publishing (2005/07/05)
近日発売 予約可
Star Trek Stardate 2006 Calendar (DAY TO DAY CALENDAR)
Andrews McMeel Publishing (2005/07/05)
近日発売 予約可

 ところで、ココフラッシュのカテゴリー別表示「スタートレック」を当ブログにも貼り付けてみたのですが、5月5日の記事が反映されていないようですね。 どうしたのでしょうか?

カテゴリー: STAR TREK, 映画・テレビ | 2件のコメント

カヴァー曲いろいろ

 スーパーチャンネルの「スタートレックまるごと20時間」が、先ほど終了しました。 今年は未見エピソードは最後の2話だけでしたが、テーマに沿ってエピソードをチョイスするという構成はとても良かったと思います。 DVDも買っていないし、こういう機会がないと一度観たエピソードを見なおすということもほとんど無いですから。
 さて、それに勝手に便乗して、3日間スタートレック・ネタで記事を書くのも、これで最後となりました。 今日は、最近入手したスタートレック・テーマのカヴァー曲をいくつかご紹介しましょう。
 リンク先にはサンプルがありますので、是非聴いてみてください。
 ◆Magical Moods of the Theremin / Project: Pimento
 3曲目でTOSのテーマをカヴァー。
 テルミン奏者を抱えるラウンジ・バンド Project: Pimentoの演奏。 1コーラス目はテルミンによる演奏、2コーラス目は女性ヴォーカルが歌詞付きで歌うという、非常に珍しいスタイルです。 (歌詞はロッデンベリー作詞のもの。)
 ◆Cinema Surf / The Supertones
 14曲目でTOSのテーマをカヴァー。
 スローテンポなサーフ・ミュージック・ヴァージョン。
 ◆The Best of the Magnificent Seven / The Magnificent Seven
 6曲目でTOSのテーマをカヴァー。
 ポップス/ジャズ/ブラスバンドがミックスしたようなスタイルのバンド The Magnificent Seven の演奏。 なにげに日本贔屓なアルバムの選曲も良し。 サンダーバードもやっています。
 ◆Thorntones / Lilly Thornton
 13曲目でTOSのテーマをカヴァー。
 ドイツの女性ジャズ・シンガー Lilly Thornton のパフォーマンス。 シンガーだけあって、もちろん歌詞付きです。 (こちらも歌詞はロッデンベリー版。)
 ◆Just B4 / Ingolf B4
 1曲目でTOSのテーマをカヴァー。
 Ingolf B4 は、トランペット&フリューゲルホーン奏者 Ingolf Burkhardt を中心としたジャズ・バンド。 スペーシーな即興演奏といった趣。
 ◆Russian Trekkers Hymn / Dina ‘Scal’ Temnitskaya
 エンタープライズ・主題歌 “Where My Heart Will Take Me”のロシア語ヴァージョン。 詳細不明。 リンク先の「Скачать (поет Scal) 」と書かれたリンクからダウンロードできます。
 ◆The Songs I Love / Tami Gunden
 5曲目でENT主題歌 “Faith of the Heart (Where My Heart Will Take Me)” をカヴァー。
 残念ながらサンプルはありません。 Tami Gunden は、幼い頃から教会で歌っていたそうで、非常に透明感のある綺麗な歌声の持ち主。 バックバンドもアコースティック主体の素朴な演奏を聴かせています。
 これらはいづれ、うちの本家サイトにも反映させる予定ですが、更新さぼり気味です。(^^; 応援よろしくお願いします。

カテゴリー: STAR TREK, 映画・テレビ, 音楽 | コメントする

スタートレック変奏曲:没企画

 ワタシの本家サイト 「Star Trek: Variations ~スタートレック変奏曲~」 で、おかしな笑えるCDジャケットを集めて紹介するというコーナーを考えたことがありました。 しかし、大した数がない事と、音楽自体の紹介でないのにジャケットだけ引用するのも気が引けるという理由から、この企画は没になったのです。
 今日は「スタートレックまるごと20時間」勝手にタイアップ企画として、その没になったものも含め、笑えるジャケットを一挙に紹介してしまいましょう。
 まずは、「Star Trek: Variations ~スタートレック変奏曲~」で紹介しているものから、ヘンテコなジャケットを。
 image: Beam Me Up / EDELWEISS
 Beam Me Up / EDELWEISS→詳細
 ほとんど説明不要ですね。
 image: NEXT GENERATIONS
 NEXT GENERATIONS→詳細
 インディペンデンス・デイをイメージした円盤でしょうが…
 以降は本家サイトでは未紹介のものです。
 image: Never Trust A Klingon
 Never Trust A Klingon [2294AD] / S.P.O.C.K→詳細
 S.P.O.C.K のアルバムは紹介していましたが、シングルの方は欠けていましたね。 夕焼け空に浮かぶクルーグの生首。 このセンスは一種独特のものがあると言わざるを得ません。(笑)
 image: Hard Beat
 Hard Beat Volume 1
 香港のクラブ・ダンス系アーティストのようです。 思わずジャケ買いしてしまったアルバム。
 hardbeat2
 裏面を切り取って組み立てると素敵なポップアップスタンドに!!!
 image: Voyager / DEXTER WANSEL
 Voyager / DEXTER WANSEL→Amazon.co.jp
 手前に着陸している宇宙船らしきもの、TOS時代の宇宙船2種がフュージョンしちゃってます。 何と何かは分かりますよね(^^;
 オリジナルは1978年の制作。 タイトルが “Voyager” なのは偶然です。

 明日は、もう少し役に立つ情報を…
 …ってことはあまり面白くないかも。

カテゴリー: STAR TREK, 映画・テレビ, 音楽 | コメントする

スタートレック、お馬鹿ソング。

 スーパーチャンネルで「スタートレックまるごと20時間」をやっている期間でもあるので、今日から3日間はスタートレック・ネタで攻めてみます。
 Tower Records : Blindsight / Blake Hodgetts
 まずは、上のリンクの5曲目。 この曲を歌えるようになれば、TNGのエピソード・リストは必要なくなります。
 6曲目にも注目。 これはお馬鹿ソングではなく、TNGのエピソード “The Inner Light (邦題:超時空惑星カターン)” にインスパイアされて、メロディに詩を付けたものです。
 気になった方、キワモノ好きの方は手に入れて自慢してみましょう。(^^;

カテゴリー: STAR TREK, 映画・テレビ, 音楽 | 1件のコメント